久々ミニ四駆

久々、ミニ四駆仲間の集まりに参加しました

リバティエンペラーのシャーシを、電池落とし加工を施した赤いスーパーIIに入れ替える
電池が落ちている分ヒクオ状のボディが下がって、ボディからぶらさがっているマスダンパーが接地してしいました
公式ルール上、タイヤ以外のパーツは地面より1mm以上離れている必要があります
ボディと電池の間にブレーキ用のスポンジを挟んでみたものの、初めて作ったヒクオ用ボディであるリバティエンペラーはFRPの骨組みの加工精度が悪く、片側のマスダンパーが接地してしまう
根本的な解決には骨組みを1から作り直す必要があるため、ボディ取り付け部にナット1つを挟むという応急処置で問題を解消しました

ここ最近ミニ四駆をじっくり作りこむ時間を取れていなかったので、それ以外は前回と代わり映えしないマシンを持っての参加となりました

ARシャーシのエアロアバンテ、VSシャーシのエアロマンタレイ、スーパーIIシャーシのリバティエンペラーを持って集合場所のラジコンショップへ

車とモーターの組み合わせをいろいろ試しながらコースを走らせてみる

最後に恒例の身内レースを行いました
練習では安定して完走したARシャーシのエアロアバンテで参戦
練習で減った電池を満充電のものに入れ替えたところ、残念ながらコースアウトして最下位でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。