VS 1号機デビュー

久しぶりミニ四駆仲間の集まりがあり、コースを走らせてきました

なんとか完成したVSシャーシに仮のボディ・エアロマンタレイを乗っけて

エアロマンタレイはARシャーシのボディで、そのままではVSに乗りません
リアとフロントのギアケースに干渉する所などを削ってあります
この加工を施して放置してあったのを引っぱり出してきて使いました

エアロアバンテ、エアロサンダーショット、エアロマンタレイのARシャーシ初期3兄弟、全部好き

駆動系は素組み状態で、本来は静かなはずのVSらしからぬ「ギャー」という音が鳴り響く
初めてのコース走行なので、トルクチューンモーターから順番に速いものにモーターを載せ変え試走を繰り返す
結局、手持ちで一番速いパワーダッシュモーターを乗せてもちゃんと完走してくれました

完走できる理由が、パワーダッシュを積んでも遅いから、という悲しいもの

頻繁に変更されるお店のコースレイアウトのアップダウンが今日はいつもほど激しくなく、ジャンプの後に急カーブみたいなトラップもなかったのでもっとスピードが出ても完走できたはず

車高を落とすため小径相当のタイヤ(中径ホイール + ペラタイヤ)を履かせているんだけど、このタイヤのままでスピードアップさせたい
ボディの作成と同時進行で速くなるよう改造を加えていくぞー

今日はもう1台のスーパーIIリバティエンペラーの方が活躍してくれました
こちらもスーパーIIシャーシの1号機で試作的な部分があるから、きっとまだまだ速くできる……はず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。