探偵が腕抜を外すとき

手持ちの小説……松岡圭祐氏の「水鏡推理」を読み終えそうだったのと、今月期限のポイントが少々あったので、ネットショップにて西澤保彦氏の推理小説「探偵が腕抜きを外すとき」を注文しました

「千里眼」シリーズを消化するのに長い期間を要したため、ここのところずっと松岡圭祐氏の小説ばかり読んでいました
西澤保彦氏の小説はその前に何冊か読んでいます
今回注文した「腕抜探偵」のシリーズや「匠千暁」シリーズ、あと「完全無欠の名探偵」などノンシリーズを何冊か
非現実的な設定を含む作品が多いのですが、そんな世界観でもちゃんと論理的に展開する推理小説を作る作家さんです
まだ読んでいない氏の作品、たくさん出てるなー
読まなきゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。